猫とワタシ

MYSTERIOUS GIRL

大好きなブライス優先ブログです。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するハロハが行く!昔話で有名な・・

ハローハーベスト



GWの続きで今週いっぱいお休みをいただいてます。
結局今年のGWも遠出は出来きませんでしたがそれなりに充実してたかな

仕事疲れもあってGW前はボロボロでしたけど今は回復しました。
休日っていいですね。


*******

さてと・・
前回の更新からまた空いてしまいましたがトレジャーガーデンで芝桜を見た後→
昔話で有名な茂林寺へ行ってみました。


 IMG_6302_convert_20140505221726.jpg

茂林寺への門をくぐるとこの様にたくさんのたぬき様達がお出迎えしてくれます。
そう・・
ここは『ぶんぶく茶釜』の寺とされているんですね。

門をくぐって通路の両端にずらーっとたぬき様が並んでますので
たぬき様の苦手な方にはギョッとする光景かもしれません


        IMG_6288_convert_20140505221914.jpg

沢山いてよりどりみどりだけど・・可愛いひょうきんそうなたぬき様と1枚。
ハロハ、たぬき様のお腹の前で少々複雑な気分かな?


        IMG_4417_convert_20140505220624.jpg

たぬき様に見つめられつつ進むと通称『朱門』があります。
朱門の先には八重桜が。。
散ってる時期でそれもまた趣がありますね、素晴らしい茂林寺が見れました。

帰る頃、朱門の下では紙芝居が始まっていました。
もちろん昔ばなし『ぶんぶく茶釜』です。

題名は知ってても意外とストーリーが思い出せなくてザッとあらすじを・・

                   IMG_6304_convert_20140505222647.jpg

貧しい男が湧にかかったたぬきを見つけ不憫に思い解放してあげる。
その夜たぬきは男の家に現れると助けてもらったお礼として茶釜に化け
それを売ってお金に換えるように申し出る。
次の日、男は和尚さんに茶釜を売った。和尚さんは寺に持ち帰り茶釜を火に懸けた所
化けたたぬきは熱さに耐えきれず半分元の姿に戻ってしまった。
たぬきはそのままの姿で元の男の家に逃げ帰った。
次にたぬきは、綱渡りを茶釜で見世物小屋を開くことを提案すると
この考えは成功して男は豊かになり、たぬきも寂しい思いをしなくて済むようになった・・・
                                (智恵袋より引用)              
恩返しのお話だったんですね。

        IMG_6303_convert_20140505222257.jpg

身体が茶釜になってるたぬき様とも一枚。

ぶんぶく、漢字で書くと分福と書くそうです。
福を分けると言ってとても縁起の良いお寺のようですね。

茂林寺の周辺は緑が多く季節によってお花も色々楽しめるようです。
お寺の入り口にはレトロ感たっぷりのお店もあり、たぬき様が大小所狭しと並べられてました。
とても良い所でしたよ!
ぜひ、トレジャーガーデンやつつじヶ丘公園と合わせて行かれるといいと思います。


 IMG_6234_convert_20140505221316.jpg




いつも拍手&コメありがとうございます。
とても励みになっています\(^o^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

たぬき様。たぬき様。

童話で読んだことがある!
茶釜のお話。


タヌキが大きいねぇ‥ ヾ(o´∀`o)ノ

黄色いお花がキレーだなぁ~
リラックスしてるように見える最後の写真。
とっても好きだなー♪♪

Re: たぬき様。Re: たぬき様。

あいちゃんへ

話には聞いてたのだけど
実際に行ってみてたくさんのたぬき様のお出迎えにびっくりしたよ~i-229

赤門の萱葺屋根も立派で風情があったし
なによりまだ八重桜が咲いてて素敵な時期に行けて良かったです。
子供の頃、自分で読んだり読み聞かされたり
記憶には『ぶんぶく茶釜』って残ってるんだけど
意外とお話の内容は忘れてしまってること多いよね。

改めて『そういうお話だったかぁ・・』と記憶を取り戻しました(*^_^*)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。